肥満細胞腫と戦った犬(ラブラドールレトリバー)のティアラちゃんの写真です。

「肥満細胞腫の抑制のために」犬(ラブラドールレトリバー)

“ 短期間でこれほど良くなるとは思っていなかったので、正直驚いています。”

ティアラちゃん(10才)千葉県

現在、黒のラブラドールとスタンダードダックスを飼っていて、
ラブラドールの足の指の間に肥満細胞腫ができてしまいました。

以前、柴犬を飼っていましたが大病もなく、まさか自分の犬が
癌になるとは考えもいませんでしたので、ティアラが癌と告知された時はとても焦りました。

なので、直ぐにネットで「肥満細胞腫に効くサプリ」と検索してみたのですが、
その時はビガープラスは見つからず、結局、病院に進められたサプリを与えることにしました。

しかし、病院から勧められたサプリは錠剤のせいか、嫌がって吐いたり、
なんとか与えても症状に変化はありませんでした。

そんな時、獣医さんからこのままでは足の指を切除しなければ・・・と言われ
本当に焦り、もう一度、ネットで検索をしまくったところ運良くビガープラスを見つけました。

そして、藁にもすがる思い出ビガープラス(プレミアムアルファ)を与えはじめると、
1か月しないうちに、指の間にできたこぶ(腫瘍)がみるみる小さくなってきて、
今では、もう片方の足と同じくらいまで治ってきました。

今もプレミアムアルファを散歩前にはヨーグルトに混ぜて、必ず上げるようにしています。

短期間でこれほど良くなるとは思っていなかったので、正直驚いています。
これからも再発の予防のためにも続けて与え続けていこうと思います。

 

ティアラちゃんです。   肥満細胞腫の写真です。