癌(脾臓腫瘍)の手術を受けた犬(ミニチュアダックスフント)のはるちゃんの写真です。

「癌(脾臓腫瘍)の再発防止のために」犬(ミニチュアダックスフント)

 “ 今は余命半年が、うその様に元気です。”

 ひめちゃん(11才)三重県

【一通目のお手紙】

6月23日脾臓腫瘍(血管内腫でした)で緊急手術。
余命3ケ月と宣告されました。

抗がん剤は使用せず、何とかサプリメントで元気をだしてもらうしかないと思い、
ネットで調べてビガープラス(アルファ)を知りました。

毎日食べて今は余命宣告がうその様に元気です。
毎日笑って「元気でるよ」と声もかけています。
これからも続けて少しでも長生きしてほしいです。 

 

 

【3ヶ月後、二通目のお手紙】

ネットで知ってから正直半信半疑でしたが、
使って見て本当に良かったです。

6月の手術後から12月まで全く病気知らずで元気一杯です。
食欲が有り過ぎて8kgになってしまいました。

余命半年からうその様です。
余命は考えず、その時は寿命だったと思う事にして
ひめが元気でいられる環境を作ってあげたいと思っています。

プレミアムアルファはその事を手助けしてくれる良き友であると思ってます。
これからも続けて一分一秒でも長生きしてくれたらなと思います。

hime1