乳腺腫の進行を抑えるためにビガープラス(犬専用サプリメント)を試してみたトイプードルのジュリアちゃん

「乳腺腫の進行を抑えるために」犬(トイプードル)

”食欲も旺盛で元気なのでビガープラスが効いているんだと思っています”

ジュリアちゃん(11才)東京都

昨年の夏ころ、ジュリアの胸の辺りにしこりが出来てしまい、
かかりつけの病院に診てもらいに行きました。

その時に乳腺腫と診断され、手術で切除することを勧められましたが
一旦は、次回の検診まで様子を見ましょうとなりました。

その間、とても不安になり友人に相談したところ、
その友人が以前に飼っていたシーズーのわんちゃんの皮膚が弱く赤くなっていたとき、
ビガープラスを与えたら赤みが引いたので試してみては?と紹介してくれました。

治るか?治らないか?とても心配でしたが、
その時はビガープラスに少しでも頼りたい気持ちで、注文の電話をしました。

すると、すぐに商品が届き、
1ヵ月後の検診までに、しこりが1つでも小さくなってくれたら・・・
と思いビガープラス(プレミアムアルファ)を与えはじめました。

そして、1ヶ月後、検診に行くと乳腺腫の進行はしておらず、
手術はまだしなくてもよいと言われ本当にホッとしました。

その時に歯石も取ってもらったのですが、歯茎を傷つけてしまったようで
その後、炎症を起して、多くの抗生物質を処方されました。

費用もかかるし、多くのお薬は体への影響も心配になるし、何よりも適切な処置を
してもらえているのか不安になり、他の病院でセカンドオピニオンを受けることにしました。

セカンドオピニオンで連れて行った病院はとても親切・丁寧で、
お薬も必要量だけ処方されるとても良心的な獣医に出会えました。

そのお薬なんですが、薬だけだととても嫌がり食べてくれないのですが、
ビガープラスをフリかけてあげると、とってもおいしそうに食べてくれます。(笑

その後、歯の炎症は繰り返し起こっていたので、結局抜歯をしました。
乳腺腫はエコー検査をしないと状態は分かりませんが、普段の様子を見ていると
食欲も旺盛で元気なのでビガープラスが効いているんだと思っています。

これからも元気でいて欲しいのでビガープラスは続けていきたいと思います。