メラノーマにサプリメント(ビガープラス)を試したトイプードルのトッキちゃん

「メラノーマ(悪性黒色腫)の改善のために」犬(トイプードル)

” お陰さまで、トッキは今もボール投げや布を引っ張る遊びで毎日をエンジョイしています。”

トッキちゃん(6才)東京都

半年くらい前、トイプードルのトッキの口内にメラノーマ(悪性黒色腫)が見つかり、
手術で取り除こうとしましたが、口の奥にあり除去することができませんでした。

獣医さんから、仕方が無いので1年以上生存できるように延命治療しようと言われ、
放射線治療をすることになったのですが、、大変ショックを受けました。

そんな状況を友人に話すと、「口コミ評価が良いので一度使ってみたら」と
ビガープラス(プレミアムアルファ)をネットで調べてくれて、私に勧めてくれました。

ビガープラスの効果はすぐに感じることができました。
与えはじめて3日目には毛艶も良くなり、放射線治療後の食欲低下を心配していましたが、
その様子もなく、走ったり元気に過ごしていました。

その後、メラノーマの放射線治療を6回行いました。獣医さんから副作用で体調が悪くなるかも
と聞いていましたが、やはり膵炎を起こし食欲がなくなりました。

病院からはカロリーの少ないごはんをすすめられ、3日位ごはんをそちらに変えてみたのですが、
なかなか食べることはありませんでした。

なので、いつも食べてるプレミアムフード(犬のごはん)にビガープラスをかけ、
別のお皿に置いて出かけてみたところ、帰ってくると全てきれいにたいらげていました。

ということで、ごはんを元に戻し、食べやすいように水でふやかしてあげたところ、
落ちていた食欲も出てきて、膵炎も治まりました。
犬のごはんとビガープラスを与えていなかったらもっと酷かったのかも知れません。

その他、獣医さんから放射線治療で抜け落ちてしまった箇所(左顔面ほとんど)は、
放射線治療後、半年くらいしたら少しずつ毛が生えてくると言われていましたが、
たった1ヶ月で産毛が生え始め、肌もツルツルになりました。

そして、何より嬉しかったことは、ビガープラスを与えはじめて4ヶ月目に行ったMRI検査で、
奥にできた腫瘍が全て無くなっていたことです!

お陰さまで、トッキは今もボール投げや布を引っ張る遊びで毎日をエンジョイしています。
本当に良かったです。

これからしばらくは再発しやすいとのことで気が抜けませんが、ビガープラスだけは
忘れずに毎日与え、いつまでも元気に過ごせるようにトッキと一緒に頑張っていきます。

私の体験談をご覧になった、同じ病気を患っているわんちゃんと飼い主さまが
少しでも希望を持ってくれれば嬉しいです。

 

トイプードルのトッキちゃん正面

おすまししたトイプードルのトッキちゃん

お散歩大好き!トイプードルのトッキちゃん

やんちゃなトイプードルのトッキちゃん