副腎の悪性腫瘍と戦っているシーズーの蘭ちゃん。

「副腎の悪性腫瘍(癌)の進行を抑えるために」犬(シーズー)

“ 「腫瘍は大きくなっていませんよ」と言われ、家族一同大変喜んでいます。”

蘭ちゃん(13才)東京都

13才になるシーズー(名前は蘭)を飼っています。

蘭は二年位前に病院で副腎に悪性腫瘍があると診断されました。

もう高齢だったので、体に負担をかけずに、がんに効果的なものがないかネットで探していたところ
たまたま「ビガープラスfor Dogs プレミアムアルファ」を見つけました。

他にもいろいろなサプリがありましたが、口コミ評価が高く、高品質のプロポリスとアガリクスが
がんに効果的だと思い、ビガープラスプレミアムアルファを購入することにしました。

それから朝晩、食事のたびにプレミアムアルファをふりかけて与えて、ちょうど一ヶ月が経ったころ
病院でエコー検査があり、腫瘍の大きさを計ったところ、少しですが小さくなっていました!

これには正直驚いたというか、とても嬉しかったのですが、獣医さんは不思議がっておられました。

なので獣医さんに、プロポリス配合のサプリを与えていることを伝え、プレミアムアルファを見せました。
すると、獣医さんからも「継続して与えたほうが良い」と言われ、以来2年間毎日与えています。

その後も三ヶ月ごとに定期検査を行っており、超音波で腫瘍の大きさなど毎回計っていますが、
その度、「腫瘍は大きくなっていませんよ」と言われ、家族一同大変喜んでいます。

これも貴社のサプリメント(プレミアムアルファ)のおかげと本当に喜んでおります。

これからもビガープラスアルファを与え続けていきます。
今後もよろしくお願いいたします。

先日、蘭の写真を撮りましたので添付しますね♪

シーズーの蘭ちゃん