ステロイドに頼らず、てんかんと戦うミニチュアダックスのアッシュちゃんの写真

「ステロイドに頼らず、てんかんを治すために」犬(ミニチュアダックスフント)

“ てんかん発作の症状はこのサプリを与える前に比べて間違いなく緩和しています。”

アッシュちゃん(14才)兵庫県

現在、若い子から高齢まで計5匹のミニチュアダックスと一緒に暮らしています。

そのうち14才になるアッシュが2014年11月頃からけいれんを起こすようになり、
慌てて病院に連れて行きました。

病院ではアッシュの症状はてんかん発作と診断されて、フェノバールというお薬を
処方され飲ませていましたが、全く効果がなかったので、一度違う病院でも診て
もらおうと考え別の病院に連れて行くことにしました。

そこでは脳の炎症(髄膜炎?)から起きている発作の可能性があると言われ、
ステロイドと臭化カリウムを処方されました。

ただステロイドは体への負担も大きいので一旦ストップしましたが、
今度は頭がぼーっとしているのかトイレを外すようになりました。

けいれんの症状が出てから病院で処方される薬のほか、人用すっぽんの卵サプリや
シメジのサプリなど合計で1日に9粒もの薬やサプリを与えていましたが、どれも
今ひとつ変化がなかったので、ネットで検索してビガープラスバイタルを購入し
試してみようと思いました。

バイタルを与え始めて2ケ月以上経ちますが今のところてんかん発作は
起きていないです。髄膜炎の影響かステロイドの影響かわかりませんが、
トイレの失敗はまだ続いていますが、てんかん発作の症状はこのサプリ
与える前に比べて間違いなく緩和しています。

写真は少し前のものになります。この頃のように少しでも元気に健やかに
過ごしてほしいです。